嬉野茶時 × 調香師

日本香堂の
主任調香師・堀田龍志氏による
嬉野茶の「茶葉」と「茶」の香りの官能評価。

嬉野茶時 8品の香り評価コメント

​【嬉野茶寮】

[茶葉そのものの香り]

カットグラス(青草を刈った)のような瑞々しいフレッシュ感のある香りと、

草原のような爽やかな香りの中に、ジャスミンの花のような甘さのある香り。

[湯呑に注いだ時の香り]

茶葉そのものの時より青さはマイルド。

ベルガモットのような爽やかな香りと、

ジャスミンやオレンジフラワーの花のまろやかな甘さが調和された香り。

​【花 -烏龍茶-】

[茶葉そのものの香り]

マンダリンの果皮の香りのような爽やかさと、オレンジフラワーやジャスミンの花の香りの甘さ、更には干草のようなドライな甘さを持つ香り。

[湯呑に注いだ時の香り]

マンダリンの果皮のビターな感じや甘さ、そしてサンバック・ジャスミン(茉莉花)やオレンジフラワーの花の香り、またナルシス(水仙)の花のような清々しい香りが上手く溶け合ったような香り。

​【幸 -紅茶-】

[茶葉そのものの香り]

ベルガモットのような爽やかな香りと、

妖艶なジャスミンの花の甘い香りがミックスされた、コクと色香のある香り。

[湯呑に注いだ時の香り]

イングリッシュ・ブレックファースト・ティーのような香りのイメージ。

夜に咲く真白なジャスミンの花のような上品な大人の色気を感じさせる

フローラルな甘さと、アンバーのような深みのある甘さが、

オレンジフラワーのような苦みと上手く混ざり合った香り。

​【舞 -粉末茶-】

[茶葉そのものの香り]

刈り立ての井草のような、清々しい青さのある香りに、オレンジの果皮のような甘さと爽やかさが加わった、フレッシュで奥行きのある香り。

[湯呑に注いだ時の香り]

カシス(ブラックカーラント)の芽のような、ややフルーティ感のある爽やかなグリーンの香りと、ベルガモットやオレンジのような甘さが一体となった、

広がりのある香り。

​【柑 -柚子緑茶-】

[茶葉そのものの香り]

柚子の爽やかな香りと、緑茶の青さのある香りが絶妙のバランスで香り立ち、

ボディにはオレンジの甘さが香る、上品な香り。

[湯呑に注いだ時の香り]

柚子と緑茶の香りがお互いにバランスよく香り、

オレンジの香りにある柑橘の甘さと、ベチバーを想起させるような

広がりのあるウッディーな甘さが溶け合った香り。

​【焔 -青ほうじ茶-】

[茶葉そのものの香り]

ややコーヒーを想起させるような焙煎感のある香りとともに、ジャスミンの花のような緑茶的甘さと、クラリーセージのようなハーブ感を感じさせる香り。

[湯呑に注いだ時の香り]

僅かにコーヒーを想起させるような焙煎感のあるコクのある香りが、

クラリーセージのようなハーブ感のある香りや、

トンカビーンのような奥行きのある甘さと一つに溶け合った香り。

​【伝 -釜炒り茶-】

[茶葉そのものの香り]

井草のような香りと、ベルガモットのような爽やかでまろやかな香りが、

朝摘みのフレッシュなジャスミンの花の軽快なフローラルの香りとミックスされたような、落ち着きのある香り

[湯呑に注いだ時の香り]

すっきりとしていて柔らかく青いベルガモットやオレンジの香りに、

軽快なジャスミンの花の香りの甘さや、ヒアシンスのすっきりとした花の香り、そしてガルバナムのようなグリーンノートが一体となった香り

​【仄 -玄米茶-】

[茶葉そのものの香り]

フリージアのような清々しい花の香りに、

深みのあるややバラの花のような甘さと、玄米の持つ独特の渋味やロースト感、

そしてトンカビーンのような甘さが溶け合った香り

[湯呑に注いだ時の香り]

玄米由来の香ばしい香りと、緑茶の香りにあるイチジクの葉っぱのような青さのある香りとが混ざり合い、更にはトンカビーンのような甘さとガルバナムのようなグリーン感も溶け合ったような香り

お問い合わせ

お問い合わせ

場所:和多屋別荘
住所:〒843-0301
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙738

TEL:0954-42-0210