​茶時は、いま

September 3, 2017

【The Tea Salon最終日】

ラストを飾ったのは、
きたの茶園・北野秀一さん。


セレモニーの時もそうなのですが、
北野さんの動きは指先までとてもきれい!
お茶を点てる動作に
みなさん見入っていました。

お茶に関する説明は分かりやすく、
お客さん「なぜ」と思うようなことを
タイミングをみて解説してくださいます。

北野さんは甘味のひとつに「豆腐」を提供。
豆腐→おからは北野さんの畑の
肥料の一つなのだそうです。

30年以上前、早くから
有機栽培を行ってきた、きたの茶園。
口にいれることを考えて作られた
自家製の肥料の材料は
全て食品から...

September 1, 2017

【The Tea Salon5日目】

本日は永尾豊裕園・永尾裕也さん。

「おくゆたか」の粉末茶を
シェイカーで溶かしワイングラスに。

「おくゆたか」はダシのような旨味が特徴で
みなさんその味に驚いていらっしゃいました。

また、すでに永尾さんのお茶を
購入されている方もいて
粉末茶は周りにも好評とのことです。
たくさんのつながりができることはもちろん、
そのようなお声を直接聞く
ことができるのは嬉しいですよね。

少量しか生産していない
貴重なお茶は「すすり茶」で。
まずは茶葉をみて、香りをたのしみ、お湯を注ぐ。
低温でじっくりだしたお茶は
香り...

August 31, 2017

【The Tea Salon4日目】

本日は副島園・松田二郎さん。


そして「うれしの深秋」より「嬉野茶寮」を
手伝ってくださっている
バーテンダー・辻大地さんの同い年コンビ。

武雄市山内町にある
「TrattoriYa Mimasaka (トラットリヤ ミマサカ)」で
働いた経験がある2人はスマートな身のこなし。

松田さんがお茶と組み合わせたのは
塩気が強い「ハム」と「クッキー」、
それからうれし庵・澤野典子さんの甘味。

「お茶の甘みをひきたたせるのは
 塩気の強いものではないか」と考えてのこと。
お客さんは最初驚いていましたが
食べて、お...

August 30, 2017

【The Tea Salon3日目】

3日目は井上憲治さん。


おだやかな雰囲気の中、会は進められました。

今朝摘みたてのお茶の葉を持参。
葉を使っていろいろと話は展開していきました。

井上さんが就農した年に植えたチャノキは
現在では手に入らない品種。
これを温茶と氷出しで提供されました。

甘味は全て、嬉野町の「うれし庵」澤野典子さん作です。

August 29, 2017

【The Tea Salon2日目!】

2日目は田中製茶工場 田中宏さん。

目の前でお茶を淹れるので、お客さまは興味津々。

嬉野茶寮メンバーで一番茶畑の面積が広く、
収穫量や品種の話で盛り上がっていました。

また、嬉野町の「Spica-pâtisserie-(スピカパティスリー)」の
井上賢一郎さんと一緒に考えたスイーツも!
井上さんも「生産者の方と何かやりたい!」と
思っていたそうで、とても協力的で情熱的だったそうです。

これを機会に様々なつながりができそうです。

August 28, 2017

【The Tea Salon初日】

オープニングを飾ったのは
池田農園の池田泰明さん。

嬉野茶寮のサロンではなく、ベスト。
今回のために特別に制作した
うれし庵・澤野典子さんのスイーツもご用意。

話をしながらゆったりとした時間が過ぎていきました。

October 19, 2016

嬉野茶時の公式HPが誕生しました!
これもオール嬉野で作成しております。
これからコンテンツも充実させていきます。
ぜひご覧下さいませ。


http://www.ureshinochadoki.com

October 11, 2016

10月11日、旅館大村屋湯けむりラウンジにて打ち合わせ。


湯けむりラウンジはうれしの深秋「嬉野茶寮」の
BAR TIMEの会場です。

集まったのは茶生産者メンバーと、
広報を担当するメンバー。


茶生産者メンバーは提供する茶葉のテイスティング。
その様子はさながら研究室のようでした。

今回の嬉野茶寮には数名メンバーが加わります。
新たな発想や知識がプラスされて
ますます面白くなってきました!

この企画を多くの方に知っていただきたい。
HPやこのページで活動を紹介していきますので
ぜひ「いいね!」・「シェア」をお願いいたします!!

Please reload

Please reload

RECENT POSTS

ARCHIVE

Please reload